弁護士以外の専門家

債務整理で借金問題を解決するにあたって、依頼できる専門家は弁護士以外に司法書士もいます。一概にどちらに依頼すべきかということではなく、どちらがご自身に適しているのかを考えた方が良いでしょう。まず費用面では弁護士に依頼した方が高くなるのはほぼ確実です。しかし、司法書士は140万円の限度額があり、これ以上借金額が多い方は弁護士に依頼しないといけません。業務に関してはそれほど大きな違いはないものの、個人再生や自己破産をするのなら大きな違いがあります。書類作成代理人として申し立てするにあたって、裁判官の質問に直接答えられるのは弁護士だけで、司法書士は該当外です。

どういった方法を選択するかによって、選択すべき専門家も変わっていくものです。弁護士なら全ての対応ができると考えて問題ありません。そして、140万円を超える借金問題に関しては弁護士に依頼をするのが基本となります。状況によっては司法書士に依頼した方が良い方もいれば、弁護士に依頼しないといけない方もいるのが事実です。弁護士に無料相談ができるという利点を生かし、何か相談したい事柄があるのなら、まずは相談した方が良いでしょう。その後に適切な選択をすれば良いだけです。